FC2ブログ

一年ぶりの小海線

Posted by Kata改 on 29.2012 旅行  コメント:2  トラックバック:0 
今年も清里方面に出かけてきました。

秋に清里方面に出かけるのが恒例になりつつあります。

去年は「風っこ八ヶ岳高原号」を録りにでかけましたが…今年は特に目的なし。

去年の話

飼猫まろんはペットホテルに預け…。

夜な夜な八ヶ岳PAまで行って仮眠し、売店が開くのを待ってかきあげ蕎麦を朝食に(汗)

DSC_1020.jpg

小淵沢ICを降りたら、去年風っこを撮影した小海線の有名撮影地点に行ってみる。

DSC_1021.jpg

時間が悪く、列車は1時間以上来ません…。

時間を無駄にしても意味がないので、今夜の宿に移動。

リゾナーレ八ヶ岳。

DSC_1031.jpg

アクティビティ-として嫁が乗馬を申し込んでいたので、ホテルのフロントに迎えに来てもらい30分掛かって移動…。

DSC_1027.jpg

馬に乗るのはかなり久しぶり…1時間馬の背に揺られ、また30分掛かってホテルに戻ってきました(汗)

チェックインまで時間があるので、ほうとうを食べに小淵沢ICまで移動。

DSC_1028.jpg

この周辺を何度も往復しています(汗)

今度こそチェックイン…ですが、紅葉がきれいだったので駐車場にて記念?撮影。

DSC_1034.jpg

木々の感じが心地よいです。

DSC_1030.jpg

このあと、温水プールに浸かり、疲れからかまったり(ぐったり?)してすこしばかり惰眠してしまいました。

夕食はビュッフェ+メインディッシュ+デザートのコース。

私が注文した子牛のロースト。

DSC_1035.jpg

こちらは嫁の注文した鶏のグリル。

DSC_1036.jpg

ハロウィンの装飾とライトアップされておりましたので夕食後に散策…寒い。

DSC_1039.jpg

へたくそな写真で申し訳ない…(汗)

この後、風呂(混浴)へ行き、疲れから早々に寝てしまいました。

次の日は朝からあいにくの雨。

ホテル内のショップ巡りをして土産を買いまくったのでした…。

天気が悪いのですが…することもないのでチェックアウト後は私の趣味に連行。

DSCF2823.jpg

一年ぶりの野辺山駅です。やっぱり時間が悪くて何も来ません…。

今回、野辺山に来た理由はここへ来たいと思っていたのですが…閉園してました。

DSCF2824.jpg

今日は営業日だと思っていたのですが…天気が悪いので休みにしたのかな…それとも…???

DSCF2825.jpg

脇の道からなんとか機関車だけ撮影。

DSCF2826.jpg

降雨と低気温のため霧も出ていましたのであきらめて戻ることに。

DSCF2830.jpg

途中…やっぱり来てしまった最高地点…。

DSCF2836.jpg

今年は碑文もしっかり記録。

DSCF2838.jpg

この車輪、碑文によるとC56の先輪とありますが…どう見てもそうは見えない謎の車輪…。

DSCF2840.jpg

そうこうしているうちに踏切が鳴り出しましたので撮り鉄。

DSCF2828.jpg

いい加減な構図ですがとりあえずの記録と言う事で。

どうでも良いですが、この踏切の名称は「最高地点踏切」…ではなく「第3甲州街道踏切」だそうです。

DSCF2842.jpg

帰りはこの踏切をまっすぐ行った旧道を行き、一つ清里寄りの踏切に来た時に踏切が鳴動。

DSCF2844.jpg

タイミングが良かったのか、小淵沢行の列車を車の中から撮影。

もう少し周辺を散策したかったのですが、あいにくの天気で気温も低く、写真撮影スポットも霧で全く見えなかったため早々に帰宅することに。

途中、国道52号線の途中にある「レールパル351」へ寄ってみた。

DSCF2846.jpg

このお店、意外な場所にあるので驚きます。

なかなか行こうと思って行けないので…いつもついでになってしまう…。

ちょうど値段を貼っていたというBトレのDD51を出してもらい自分へのお土産としました。

DSCF2849.jpg

標準色が1つしかなかったのでルートを急遽変更し、焼津のジョーシンに立ち寄って追加で買ったのはここだけの話(汗)

DSCF2850.jpg

最後に…以前Nゲージを改造して作った自作のDD51と比べてみた…。

DSCF2851.jpg

ディフォルメの仕方はそっくりなのですが…本家Bトレの方が腰が低い…負けた(泣)
人気サイトランキングへ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ←クリックして頂けたら大変励みになります
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ←クリックして頂けたら大変励みになります
にほんブログ村
 HOME