国鉄標準駅舎(仮称)、その4

Posted by Kata改 on 02.2016 Nゲージ  コメント:2  トラックバック:0 
棟木、母屋、軒桁を表現してみた。

20160702135324696.jpg

母屋は接着強度の問題で屋根と平行にしてしまった。

20160702135323531.jpg

傾きが少し気になるが・・・。
スポンサーサイト

▶ Comment

こんばんは。

いきなりコメントしても良いものかと躊躇していましたが、
コメントいただけたので、早速コメントさせていただきます!

私も駅舎をスクラッチしているのですが、
なんとなく違和感を感じ、実物を見ると裏に梁が入っていて、
重量を支えるような作りになっていました。

模型だと梁がなくても強度的には問題ないのですが、
実物に即していないと、違和感が出てしまいますね。

かといって、板の厚みを実物に則すと
薄すぎて逆にリアルに見えなかったりもします。

如何に上手にデフォルメさせるかが難しいですね。


2016.07.02 23:07 | URL | #JyN/eAqk [edit]
>拓さん

コメントありがとうございます。

建物を思い通りに作れる腕があれば…という前に実物の構造勉強は大切ですね。

名称がよくわからないのでブログに書く前によく調べて書かないと恥ずかしいほど、建築系には疎いです。

模型らしく、でもカッチリしすぎず自然な感じに作れるようになりたいです…。
2016.07.03 15:03 | URL | Kata改 #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://katakai695.blog133.fc2.com/tb.php/1092-8279cba9