スポンサーサイト

Posted by Kata改 on --.-- スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レール固定装置の柱を組んでみる

Posted by Kata改 on 25.2011 16番  コメント:5  トラックバック:0 
チキのレール固定装置を若干進めました。

柱の間に1mm洋白棒をスペーサーとして挟んでハンダで組み、隙間を確保しました。

DSCF6122.jpg

上部は柱に合わせて仕上げと溝掘りを行いました。

DSCF6123.jpg

基礎部分は3mmになるよう折り曲げてありますので計算上はピッタリ収まるはず…でしたが若干緩かった…。

基礎に柱をはめてみましたが、柱が外寄りのような気がしたので、上部の穴あき板を作り直し、各部を削り込んで柱の間隔がが少し狭くなるよう修正し、中央に寄せました。

DSCF6124.jpg

柱の高さがわからないので、写真を眺めて車体との比率で予想して作るしかないので問題は山積みですな…。

DSCF6125.jpg

作ってはやり直し…こんな調子ですので…なかなか進展しませんなぁ…。

ボール盤の方はバイスの固定と設置が終わりました。

DSCF6126.jpg

周辺を片付けないと使えません…。
スポンサーサイト

▶ Comment

資料が少なくて大変そうですね。
ちょっとチキ5200が気になったので色々漁ってみました。
数字の見方が自分としてはアレなので(笑)参考にならないかもしれませんが
1991JR全車両ブックからです。
床面高さ1078.2mm
最大高さ1356mm
となっています。この数字(下記)がレール固定装置を含むものなのかどうか?
277.8mm・・・・・参考にならなかったら申し訳ないです。
2011.01.25 19:57 | URL | TV中毒 #JyN/eAqk [edit]
何度も申し訳ないです。
もしかしたら側梁の厚さかもしれません。
2011.01.25 20:05 | URL | TV中毒 #JyN/eAqk [edit]
何か、凄い事になってますね。


次は、旋盤ですかね。
2011.01.25 21:42 | URL | 489系 #JyN/eAqk [edit]
>TV中毒さん

どうも~。

情報ありがとうございます。

手持ちの資料・図面によると、
床面高さ1075mm、その上に3.2mm板貼りなので=1078.2mm、高さ1356mm

高さは、可動式手すりを伸ばしたの高さのようです。

また、積載高さ2.1mという数値もあるのですが、おそらくこれはレールの積み上げ最大の高さだと思われます。

図面や公式資料では、貨車の諸元について書かれているのが一般的なので、車両ではない固定装置については不明でも仕方がないです…。

チキ5200に改造した国鉄工場にはチキ5200形式明細図集というのがあって、そこに固定装置を含むサイズが書かれているものと思われます。

写真で推測するしかなさそうです(泣)
2011.01.26 19:47 | URL | kata改 #- [edit]
>489系さん

どうも~。

そうですか?(笑)

旋盤も安ければ欲しいですね~。
2011.01.26 19:48 | URL | kata改 #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://katakai695.blog133.fc2.com/tb.php/156-d6accaf8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。