スポンサーサイト

Posted by Kata改 on --.-- スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボディ廻りの作業完了

Posted by Kata改 on 06.2011 16番  コメント:2  トラックバック:0 
とりあえずボディ廻りの作業を完了しました。

作業中に仕事を思い出してイライラしながら作業してしまい、結構手戻り・修正が多発…気乗りしない時は作業しない方が良いですね…。

…気を取り直して作業内容の振り返りです。



窓廻りはお約束のツララ切りを取り付けた寒地仕様。

DSCF6224.jpg

ツララ切りは0.3mmの洋白線にて製作。これが結構面倒…。

DSCF6225.jpg

煙突下部の隙間ですが、ツララ切りをつける際の熱でハンダが溶けて広がってきましたので、0.2mmの真鍮板を半月形に切り出したものを挿入して埋めました。

手すりは0.5mm洋白線で、洋白帯板から作った台座をつけて位置決めするようにしました。

DSCF6226.jpg

手すりがついているとボンネットのくびれの部分のマスキングが困難だと思われますので、塗装の便を考えて取り外しができるようにしました。

ラジエターファンは、バラキットレストア品からのサルベージ品です。

DSCF6227.jpg

塗装を行う前に試し塗りを行ってキサゲの仕上げ具合を確認する予定です。

スポンサーサイト

▶ Comment

きれいだなあ~
この一言につきます

ラジエターファンカバーの奥に見えるファンがたまりません
塗装せずこのままで完成して眺めるのも楽しそうです。
2011.03.06 13:12 | URL | 1500masa #JyN/eAqk [edit]
>1500masaさん

どうも~。

無塗装仕上げにするにはハンダが流れすぎなのと傷をつけすぎました…(汗)

この後の試し塗りで仕上げの荒さを露呈させちゃいました(泣)
2011.03.06 16:34 | URL | Kata改 #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://katakai695.blog133.fc2.com/tb.php/181-ddd50b3a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。