失敗リカバリと室内色

Posted by Kata改 on 16.2011 16番  コメント:2  トラックバック:0 
あまり進展していないようですが、再三に亘り補修塗りをしています。

DSCF8040.jpg

手すりですが、灰色に戻っています。(カメラで接写すると肉眼では見えない荒も目立ってしまいますね…)

昨日の段階で修正の灰色を吹きつける際に手すりにマスキングゾルを塗って保護してあったのですが、剥がす段階になってまったく剥がせず、無理に剥がして下地がでてしまうという悲惨な結果になりました。

全塗装やり直しも覚悟したのですが、マスキングしてうまいこと手すりだけを磨くことができたので、プライマーを塗って灰色を再塗装しました。

マスキングゾル、二度と使いません!(泣)

手直しついでではありますが、室内色の薄緑色を筆塗りしています。

DSCF8041.jpg

窓枠付近はしっかりと色がついていませんが、当初、厳密に塗ったところ、側面窓の周囲にまで色がついてしまい、慌てて朱色を補修塗りしたため、室内に朱色が回り込んでいる箇所があるため、しっかり塗っていないように見えます(泣)

どうせ窓枠が付いたり、Hゴムの灰色を入れたり、窓セルを貼る際のボンドで汚れるかと思うので…(汗)

写真ではわかりませんが、実はもう一箇所、修正したところがあります。

ラジエターカバーの金網部分、本来は透けているために奥が黒く見えるわけですが、これをやろうとスミ入れしたところ、非常に汚い状態となり、精神衛生上芳しくないので、朱色も再塗装しています。

スミ入れも二度とやりません!(泣)

そろそろ厚塗り状態になり、見苦しいところも出始めたので、次に失敗、修正が生じた際には潔く剥離して最初からやり直そうかと思います。

何度でも塗り直しができるのが、金属車体のメリットなので…。
スポンサーサイト

▶ Comment

ラジエターカバー奥へのスミ入れ大変そうですが
やり直しが可能なのはメリットとして大きいですね
2011.09.17 19:57 | URL | TV中毒 #JyN/eAqk [edit]
>TV中毒さん

どうも~。

うまくできず、ムラのある汚い感じになってしまいました(汗)

DLは汚い方が実感的だ、と思っていましたが今回はそのままとします…。
2011.09.18 15:05 | URL | Kata改 #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://katakai695.blog133.fc2.com/tb.php/309-3eb7230f