「風っこ八ヶ岳高原」号、小海線を行く(4)

Posted by Kata改 on 04.2011 旅行  コメント:0  トラックバック:0 
いよいよ二日目の行動です。

朝9時にチェックアウトして、途中、寄り道しながら撮影ポイントに向かいます。

途中の牧場で嫁が馬に反応…確かに近所じゃ見ないですからね…。

馬

清里ハム工房に寄ってソーセージとベーコンを購入しつつ、清泉寮へ。

清泉寮

ここは有名なジャージー牛乳のソフトクリームを…と行くべきところでしょうが、嫁が牛乳嫌いなので今回はやめて別のところへ。

清泉寮を少し下ったところにパン屋があります。

清泉寮のパン屋

ここのパンはすぐ売り切れになってしまうようで、以前来たときにはほとんど残っていなかったので、嫁が絶対に買うと意気込んでいました。

開店直後のため、無事購入できて一安心。

列車の時間も近づいてきたので撮影ポイントへ向かいます。

今回は清里~野辺山間の鉄橋で、並走する道路橋から狙います。

有名ポイントのようで、早くも三脚がガードレールにしばりつけて場所取りされていました。

DSC_0061.jpg

道路はかなりの交通量で、間近を大型トラックも頻繁に通るため…思いもよらない事態が発生…。

トラックの風圧で一時的に立てかけた三脚が…目を離したすきに「ガタッ」という音と共に手元から消えました…。

何が起きたかはご想像にお任せします…。

とにかく三脚を失ってしまい、回収も不可能になったため、橋の欄干にしがみついての撮影となりました。

動画(1)…マイクを手で覆っていましたが、通過する車の走行音をかなり拾いますね。

この時、車はすぐ近くの駐車スペースに停めてあり、私はビデオカメラを死守しなければならないため、カメラは嫁に渡して安全な場所から撮影してもらいましたが…。

嫁の力作です(汗)

嫁の力作

手前の木がワンポイント(汗)…何が狙いなのだろうか…。

とにかく列車は行ってしまいましたので、ここで終了。

動画は録れましたが…むなしさが漂います…。

こういうときはあきらめて忘れるのが一番、ということで、最後の目的を果たすべく移動。
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://katakai695.blog133.fc2.com/tb.php/332-b60e77fa