穴の正体

Posted by Kata改 on 26.2012 Nゲージ  コメント:2  トラックバック:0 
正解発表。

DSCF0720.jpg

ここにアジャスターを設置するのでありますが…簡単そうに見えて決してそうは行かない…。

アジャスターが最も低い位置だとその分ボルトが内側に突き出すことになり…。

DSCF0721.jpg

後工程で入れる補強角材が干渉するので逃がし穴が必要なのであります。

DSCF0722.jpg

ここで問題発生。

補強角材の加工中、摩擦が相当あるらしく白煙がもくもくとあがり、サクラチップでスモーク料理をしているかのような香ばしくて美味そうな匂いが部屋に満たされる…。

いい匂いではあるのですが、火災報知機に作動されても困るので今日の作業はここで強制終了。

明日、ベランダにボール盤を持ち出して屋外でやることにしますわ…。

木工工作はこの辺にして、アジャスター基部の小加工。

DSCF0724.jpg

ネジ穴が開いていますが、サラモミ加工されていないのでそのままでは丸頭ネジを使うことになるわけですが、ネジ頭の分だけ最低地上高が高くなります。

調整幅を犠牲にしないためにボール盤でサラモミ加工。

DSCF0725.jpg

これで最低地上高を確保。

スポンサーサイト

▶ Comment

工作中の煙はハッとしますね(笑)
屋外で行うほうが安心かもしれませんね。
2012.02.26 19:34 | URL | TV中毒 #JyN/eAqk [edit]
>中毒さん

どうも~。

工作室や換気設備がある作業場であれば全然気にならなくても家でやるとちょっと焦りますね。

ちゃんとした工作室が欲しいなぁ…。
2012.02.27 21:45 | URL | Kata改 #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://katakai695.blog133.fc2.com/tb.php/416-ff3605f2