台枠(Bパート)

Posted by Kata改 on 26.2012 Nゲージ  コメント:2  トラックバック:0 
今日は有給休暇を取得したので昨晩から作業継続中。

昨晩はアジャスターと四隅の柱を木ネジで固定して、底板を木工ボンドで貼り付けるところまで施工。

モジュールはAパート+Bパートの2つで複線運転することを想定して構成。

A、Bそれぞれ単体でも単線モジュールとして運用可能とする計画。

同じ台枠を2台作ることになるわけで…苦労も2倍。

そのうちの1台に使用した板が、反りがひどくて浮いてしまう状況。参った…。

仕方がないので木ネジを多数打ち込み、クランプで各部を矯正したうえで上から重しとしてダイニングテーブルの荷重をかけて一晩放置。

それでも多少反りが残った…(泣)

修正跡がフランケンみたいなのですが…裏側は決して人には見せられないかもね(汗)

とりあえず柱を積んで全体の様子を確認してみたところ。

DSCF0727.jpg

このモジュールは都合4層で構成する予定。(レールを敷くのは3層目)

台枠のあちこちに柱があり、まるで建設中のマンションか立体駐車場のような状態である…(汗)

地形ができた頃合いで周囲を板で囲んでいく計画。

レールの高さを測定した結果、レギュレーション規定の120±5mm程度にしなければならないのに…アジャスターを目いっぱい下げてもぴったり120mm、これ以上は下げられない(汗)

このままでは接続できない可能性大。急きょ設計変更する羽目に(汗)

地形の構成上、反りが大きい方をBパート用として先に着手。追加矯正しなきゃならないな…。

柱が不足してしまったのでまたホームセンターを行ったり来たり…。

カットしてもらった柱に若干の誤差があり、これが更なる歪みを助長する…仕方がないけどね~(汗)

1層目。この段階でいろいろ仕込んでおく。

DSCF0731.jpg

2層目(途中)※写真は計画変更前。

DSCF0732.jpg

3層目。

DSCF0733.jpg

4層目はレールを固定した後になる予定。

これを後からあーしたりこーしたりして地形にしていくが先は長そう…。

設計変更の結果、レールの高さは最低108mm~最大128mm程度まで無段階調整可能に。

DSCF0734.jpg

…ネジの締めすぎで手に豆ができちゃった(汗)
スポンサーサイト

▶ Comment

確かに板は反りますね/////
こちらのレイアウトにも反り箇所があって
いつの間にかカントが(笑)
四層ですか~どうなるか楽しみです◎
2012.02.27 23:28 | URL | TV中毒 #JyN/eAqk [edit]
>TV中毒さん

どうも~。

板が小さくなるほど反りの影響が大きいように感じますね。

立体交差&起伏がある地形を目指しているので結果的に4層になりました。
2012.02.27 23:33 | URL | Kata改 #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://katakai695.blog133.fc2.com/tb.php/417-48d45c80