トンネル工事と擁壁(Bパート)

Posted by Kata改 on 08.2012 Nゲージ  コメント:4  トラックバック:0 
ここから本格的なトンネル工事に突入。

完成イメージを出した以上、具現化させなきゃなりません。

本日の工事終了後の姿。

DSCF0770.jpg

まだ試運転が終わっていないので天板部分はネジで仮止めで外せるようにしてあります。

擁壁を斜めにするためにトンネルの壁をギリギリまで傾ける。

DSCF0777.jpg

直線部分なので普通に走行する分には全く支障なし。

DSCF0771.jpg

手持ちのパンタ車が少ないのでBトレでお茶を濁しつつ…。

Bトレは車高が高い上、菱形パンタは下枠交差パンタより高く上がる傾向なので…これならパンタ付でも問題あるまい(汗)

念のため、天板の固定前に三角補強を少し削いで空間を増やそう…。

各部の建築限界を再確認してみましたが、20メートル級は全く問題なし。

DSCF0772.jpg

S字部分でこれだけ車体がずれますな…(汗)

DSCF0773.jpg

壁面で隠れる手前からも確認。

車体長さが最大と思われるマイクロエースのシキ800ってR280のS字カーブでどの程度偏寄するんだろう…。

多分入線できないかもね。自分は持ってないから問題ないけど…。

初公開の裏側。

DSCF0774.jpg

層を重ねるごとに地道に切欠きしてきた部分が大きな空間となって現れる…(疲)

DSCF0775.jpg

下の方は別の目的で埋まるけど…これだけ空間があれば余裕で手が入るでしょ。

直線部分の救出口。

DSCF0776.jpg

リレーラーレールも組み込んだので、願わくば救出口を使わないことを祈るばかり。

Bパートのカーブ部分のトンネルは試運転を以って完了の見込み。

あとは…大きな隙間をハリボテ山と道路トンネルで塞いでいく予定。

垂直状態のAパートの擁壁を比較してみる。

DSCF0778.jpg

擁壁はやっぱり斜めじゃないとね(笑)

本当はもう少し傾けたかったけど…。
スポンサーサイト

▶ Comment

もはや木工工作ですなぁ。。。芋さんも言ってたけど、こんな頑丈そうなモジュ見たことないです(^^
私はもっぱらスタイロ、発泡スチロール、硬くてバルサ。。。
こういうのは初めの構想というか、設計がしっかりしてないと無理ですね。私は基本思いつきの現物合わせなんで(^^;
2012.03.09 01:22 | URL | UCC #JyN/eAqk [edit]
おぉ進んでますな~♪
シーナリー作業も相当やり応えありそうですね!
2012.03.09 19:35 | URL | TV中毒 #JyN/eAqk [edit]
>UCCさん

どうも~。

とにかく丈夫さを追求した結果…こうなってました(汗)

構想自体はずっと練っていたんですが、16番に行ったりZゲージに浮気したりしてなかなか着工に踏み切れませんでした~。
2012.03.09 23:42 | URL | Kata改 #- [edit]
>TV中毒さん

どうも~。

木工工作でほぼ地形ができますので後はハリボテを載っけるだけ…というつもりなんですけどね~。
2012.03.09 23:44 | URL | Kata改 #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://katakai695.blog133.fc2.com/tb.php/431-e54056aa