山の造成に入る前に

Posted by Kata改 on 21.2012 Nゲージ  コメント:2  トラックバック:0 
いよいよ一つの山場を迎えます。

山の造成するために必要な補強や電気工事などは既に済ませ、いよいよ周囲を板で囲わなければなりません(泣)

直線側の山はまだ未着工ですが、後からでも作業できるように合理的に進めなければならないのですが…やることがまだまだ山積み…(汗)

とりあえず歪みの大きかったBパートから着手し、救出口や端子台部分をくり抜いて設置。

DSCF0872.jpg

採寸をわずかに誤って…位置がちょっとずれた…(疲)

板の反りに泣きながら側面を矯正しつつ設置。

DSCF0871.jpg

トンネルを作るために外さなければならないので現時点ではネジで仮止めです。

地形を積層して構成していますが、層を積み重ねる度にわずかなずれがだんだんと大きくなって板の傾きや歪みに影響を及ぼすので干渉する部分を鋸やカッター、やすりで削ぎ落として何度も板を付けては外して削ってを繰り返していく地道な作業…。

フローリングの平らな部分でA、Bパートの接続部分を確認。

DSCF0873.jpg

大きなずれや狂いはないようです。

今日は時間切れで作業はこれにて終了。

山の稜線でも妄想するかな…。
スポンサーサイト

▶ Comment

あれっ、AパートとBパートの間に仕切みたいに板立てるんですね。
AとBで全く違う季節になっちゃうとか?
展開が楽しみです(^^)

それにしても、堅牢なベースですね~。
スチレンボードと発泡スチロールに紙粘土塗りたくる自分とは180度違う考え方なので、
見ていてとても面白いですし、自分にはできないことを淡々とこなしてらっしゃるのをすごく羨ましく思います。

こういう、人によって違うこだわりを見ることができるのって、モジュールならではですね(^^)
2012.03.22 02:35 | URL | かんだ~ら #JyN/eAqk [edit]
>かんだ~らさん

どうも~。

仕切りのように見えてますが、地形に合わせてカットしてしまいます。

とにかく頑丈さ、耐久性を追求していたらこうなりました(汗)
2012.03.22 22:03 | URL | Kata改 #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://katakai695.blog133.fc2.com/tb.php/448-4ccd4a14