山の稜線

Posted by Kata改 on 04.2012 Nゲージ  コメント:2  トラックバック:0 
背面板ですが、下の方は配線作業のため取り外しが必要で、上の方は地形を作るために固定しなければならないという矛盾。

考えていても進まないので分割して上側のみ固定します。

背面板を外したところ。

DSCF2272.jpg

先にも書いた通り、山頂部分はバルサ、斜面は合板となっております。

DSCF2276.jpg

背面板の上側を山の稜線にてカットしてボンドとネジ、釘にて固定、下側はネジにて取り外しできます。

DSCF2271.jpg

赤線が背面板の分割線。

DSCF2275.jpg

これで山の地形工作と、下側の板を外しての配線作業を同時に別々に行えるようになりました。

直線側トンネルの天板を作って仮に塞いでみたところ。

DSCF2273.jpg

目隠しすると印象がだいぶ変りますね。

線路固定後にバルサを盛って地形をつなげる予定。

DSCF2274.jpg

手前の山もそろそろ着手した方が良いかな?

スポンサーサイト

▶ Comment

なるほど!
バルサと合板がどうなっているのかよくわかりました◎
しっかりした斜面ができるのはいいですね!
2012.04.04 23:35 | URL | TV中毒 #JyN/eAqk [edit]
>TV中毒さん

どうも~。

普通こういう構造にしないとは思うんですけどね(汗)
2012.04.08 20:23 | URL | Kata改 #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://katakai695.blog133.fc2.com/tb.php/462-05a29755