トンネル内壁、その2

Posted by Kata改 on 30.2012 Nゲージ  コメント:4  トラックバック:0 
分岐側の施工前。

隠れるべき内側レールが丸見え状態。

DSCF2361.jpg

施工後。

DSCF2362.jpg

プラ板を丸めて設置。こちらはあまり奥まで作る必要がないため、坑口部分以外のアーチは省略。

DSCF2363.jpg

橋梁側は直線のはずなのに…微妙にS字カーブなのは気のせいだろう…(汗)

複線レールを接続して通過テスト。

DSCF2365.jpg

20メートル級でギリギリかな。

DSCF2364.jpg

当たったら削るまでですけどね。

DSCF2366.jpg

覗きこまなければこれで十分。

DSCF2368.jpg

少しでも当たらないよう、悪あがきとしてドライヤーでプラ板に曲げ癖を付け、エポキシパテで成形後、奥の部分を艶消し黒で塗装。

DSCF2367.jpg

おまけ。Bパート側から除くとこんな感じ。

DSCF2359.jpg

分岐側は黒い紙で隠していますけどね…。
スポンサーサイト

▶ Comment

萌えますな~(萌)
黒く塗ると出口付近の仄かな明るさが
さらにリアルになりますね!
2012.04.30 23:39 | URL | TV中毒 #JyN/eAqk [edit]
>TV中毒さん

どうも~。

アラが目立つので黒で塗りつぶしています(汗)

入り口部分はまだプラ板の地の白いままですが、塗装する時にグラデーションを付けてやろうと思います。
2012.05.01 23:08 | URL | Kata改 #- [edit]
うわ、ぎりぎり(^^
脱線しても救出可能??

トンネル内部は凝りたいとこやね~。ほら、トンネル内の照明用の配線がポータルのところから中に入っていってるやん?あれあれ(^^
分電盤みたいなんもトンネル入り口にあったりして。
2012.05.02 03:07 | URL | UCC #JyN/eAqk [edit]
>UCCさん

どうも~。

狭いのはカーブ部分の一部だけであとは救出口がありますので万一の備えはしてありますよ(笑)

配線の引き込み口、再現したいですね~。
2012.05.03 21:10 | URL | Kata改 #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://katakai695.blog133.fc2.com/tb.php/480-87d820e2