電気工事と線路固定

Posted by Kata改 on 30.2012 Nゲージ  コメント:2  トラックバック:0 
線路の固定作業に着手しました。

トンネル天板と内壁を外し、あらかじめ準備しておいた配線穴にフィーダー線を通し、ハンダ付けの準備。

この後の作業のため、トンネル天板と内壁は仮設だったわけですが、その分遠回り(汗)

DSCF2424.jpg

反対の様子。

DSCF2425.jpg

こちらは複線分の広さがあるのでいくらか作業がやりやすい。

狭い方から配線を付けていきます。

DSCF2427.jpg

反対側。

DSCF2426.jpg

配線は長めにしておき、レールの位置合わせの際に台枠内に引っ張り込み、端子台に接続。

Sジョイナーが白いままでは橋の下を覗くと目立つので、緑に塗装しておきました。

枕木と道床部分にゴム系接着剤を塗布し、複線レールを接続してレールの位置決めしてから、KATOのレール釘と瞬間接着剤にて完全固定。

もう後には戻れません。

DSCF2428.jpg

トンネル内でレール位置決めのために未塗装で残してあった罫書き部分を艶消し黒で塗りつぶして固定完了。

フレキシブルレール部分にも釘を追加したので、目立たないように枕木と同系色で塗装したのち、バラスト散布。

DSCF2429.jpg

固着はマッドメディウムを水で溶いたものに洗剤を少し加えたものを使用。

DSCF2430.jpg

界面活性剤を加えたのに…いつもうまく浸透してくれず、修正が面倒な上、時間もかかるので、正直バラスト固着作業は嫌いです。

やらないと先には進まないので爪楊枝でつついて整形しながらやっつけ仕事。

表面が乾く前にバラスト周辺にモーリンの土職人と茶系のシーナリーパウダーを撒き、トンネル内壁と天板を仮復帰して完了。

面倒な作業手順でしたが、線路の固定、トンネル内壁、バラスト散布などの同時再現が完了。

ようやく山の残り作業に入れるな…。
スポンサーサイト

▶ Comment

線路周辺進みましたね~♪
界面活性剤はぬるま湯くらいの温度で
最も効果発揮されるらしいですが
自分も何故かバラスト作業は浸透したりしなかったりで
ホント難儀な作業だと思いますよ(苦笑)
2012.05.30 19:21 | URL | TV中毒 #JyN/eAqk [edit]
>TV中毒さん

どうも~。

霧吹きしておくと良いらしいのですが、新居の掃除で皆持って行ってしまったので、散布した箇所でバラストと水溶液を混ぜて均しました(汗)
2012.05.30 19:45 | URL | Kata改 #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://katakai695.blog133.fc2.com/tb.php/499-35b57c4b