水を表現する(3)

Posted by Kata改 on 11.2012 Nゲージ  コメント:4  トラックバック:0 
引き続き水関係です。

DSCF2487.jpg

全体的に色を付けてやるために、グロスカラーメディウムのブルーグリーンという色を厚めに塗ります。

DSCF2486.jpg

白濁しているように見えますが、乾くとほんのり緑がかった透明になります。

本当にほんのりですので、透明な部分はいつまでも透明のままのように感じます(汗)

素材状態からは乾燥後の色が全く想像できませんので、はじめて使用するときはテストすることをお勧めします。

ちなみに…川底を塗ったりクリアレジンを着色すると、色が濃すぎて玩具っぽい状態になるので今回クリアレジンはあえて透明のまま使用しています。

DSCF2489.jpg

2時間ほど放置してある程度透明になったので、波頭表現用のブレンテッドファイバーを岩の周辺や流れが急になる箇所に盛り付けてみました。

淵になっている部分と波との間にはジェルメディウム、ハードジェルメディウムを塗って水面をうねらせています。(え?手順が逆?)

今はまだ乾燥途上なので全体的に白いですが、乾燥後はブレンテッドファイバーだけが白くなるはず。

DSCF2488.jpg

本日の素材。モーリンの水面製作素材セットに、別売りの単品を追加しています。

DSCF2490.jpg

今の状態だけを見ると自然な感じがしますが、乾くとどうなるんだろう…。
スポンサーサイト

▶ Comment

おぉ~またさらにリアルに!
流れる水の気泡の白さが特に凄いです!
素材は知ってましたがこうなるとは
面白いですね◎
2012.06.11 23:20 | URL | TV中毒 #JyN/eAqk [edit]
こんばんは。

大分出来上がりましたね。
ウェザリングの風合いが最高です♪
水表現、当方もいずれはチェレンジするので参考にさせて頂きます(^^。
2012.06.12 19:07 | URL | JR浜松 #JyN/eAqk [edit]
>TV中毒さん

どうも~。

この素材シリーズは簡単かつリアルにできるのでおすすめですよ。

今回は岩場なので段状になっている水面をクリアレジンを流して平滑にしてから波やうねりを書き込む形で行っています。

ただ、素材状態では完成後がイメージできないのでついついやりすぎるのが難点といえば難点ですね。
2012.06.12 22:54 | URL | Kata改 #- [edit]
>JR浜松さん

コメントありがとうございます。

いかに自然さを出すか常に考えながら作業をしていますが、難しいです。

こんな作例でも参考になれば幸いです。
2012.06.12 22:56 | URL | Kata改 #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://katakai695.blog133.fc2.com/tb.php/513-89e1edb0