橋桁防護工

Posted by Kata改 on 11.2012 Nゲージ  コメント:2  トラックバック:0 
いよいよJAMまで残り少なくなりました。

電柱を設置…とも思いましたが、収拾がつかなくなるため今回は見送り。

DSCF2595.jpg

橋桁を守るための門型の装置、橋桁防護工。

KATOのジオタウンパーツを改造して使用。

DSCF2596.jpg

脚を継ぎ足して延長し、桁パーツは塗装は行わずに表面を削って素材の色を活かしています。

ただ、そのままではプラっぽいのでヤスリで削ってパーティングラインを消すと同時に艶消し。

DSCF2598.jpg

お決まりの「擦った跡」としてぶつかるであろう場所を中心に錆色でウエザリング。

ちなみに、破損防止のため、接着はせずに各パーツに0.5ミリの洋白線を植え込んで保持しています。

DSCF2597.jpg

これで「より」酷道らしくなった…?
スポンサーサイト

▶ Comment

おぉいいですなあ~♪

確かに擦った跡よ~く見かけます(笑)
2012.08.11 23:15 | URL | TV中毒 #JyN/eAqk [edit]
>TV中毒さん

どうも~。

とりあえず仮設してみました。

後日もう少しきちんと作り直したいと思います。
2012.08.12 17:04 | URL | Kata改 #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://katakai695.blog133.fc2.com/tb.php/550-06d70839