珊瑚の酒井7トンを組む(5)

Posted by Kata改 on 04.2012 On30(Oナロー)  コメント:4  トラックバック:0 
細かなパーツを一通り付けて車体部分はひとまず完成としました。

DSC_1059.jpg

また、エンジン及びコンプレッサーを低温ハンダで組みました。

DSC_1057.jpg

低温ハンダでホワイトメタルを組むのはなぜかすごく楽しいです(笑)

DSC_1060.jpg

サラサラと流れていきますが、冷めた途端に粘りが出ますのでモールドがちょっと埋まりやすいのでコツがいりそうです。

この低温ハンダには健康的によろしくない成分は含まれているのだろうか…。

洗うためにエンジンカバーをはめ込みましたが、爪とヒンジパーツの窪みで保持しているためボディを固定するネジを緩めると外せます。

DSC_1061.jpg

エンジンをそのまま搭載すると左側面にある排気の集合管とボンネットの右サイドにある排気管との位置が合わないのですが…見ないふりするしかないかなぁ…左サイドに搭載するコンプレッサーも実機では右サイドのようですけど…。

まあ、ひとまず完成とします。

次はいよいよ足回りの調整と電気配線を付けて走行テスト~(嬉)

…あとライトも。
スポンサーサイト

▶ Comment

いいですなあ~(萌)
ライト点灯加工物凄い細かさで・・・・・(凄)
走行可能になるとまた一段と楽しくなりますね!
2012.11.04 19:20 | URL | TV中毒 #JyN/eAqk [edit]
>TV中毒さん

どうも~。

結構萌えるでしょ(笑)


1/48スケールなんですがこの大きさでライトが付かないのはさみしいので改造してみました。

とは言っても穴をあけてパイプに交換しただけですが(汗)
2012.11.05 21:52 | URL | Kata改 #- [edit]
うーむ。低温ハンダか。。。
ホワイトメタルはエポキシでつけてましたが、ハンダの強力接着は魅力ですけどねぇー。
うっかりコテをパーツにぶつけたときが怖くて。。。
2012.11.06 01:10 | URL | UCC #JyN/eAqk [edit]
>UCCさん

どうも~。

元々出力の低い23Wの電線用のハンダコテに電圧調整器を接続して、出力を50%に絞っていますので100℃にはなってもホワイトメタルの溶け出す温度までには至りませんから、ハンダコテを当て続けていても大丈夫です。(但し、ヒーター部分が直に当たると溶けそう)

強度は文句ありませんので絶対お勧めです。(但し、メーカーによってはカドミウムが入っている低温ハンダがあるらしいので取扱いは要注意ですね。健康を害しそうです。)

なお、低温ハンダもホワイトメタルも柔らかいのでキサゲができませんので余り表面には流しすぎない方がよろしいかと。



2012.11.06 22:22 | URL | Kata改 #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://katakai695.blog133.fc2.com/tb.php/601-81a9852d