珊瑚の酒井7トンを組む(6)…未塗装完成へ

Posted by Kata改 on 10.2012 On30(Oナロー)  コメント:2  トラックバック:0 
酒井の7トンですが、いよいよ大詰め。

エンジン上部を平らに削って両面テープで仮固定。

実際は接着しようかネジ止めに改造しようか検討中です。

DSC_1071.jpg

配線作業を施工。

絶縁側は踏面に当てる集電ブラシを折り曲げ、台枠と接触しそうな箇所に収縮チューブを挿入して配線及びコネクタ取付け。

DSC_1066.jpg

導通側はラグを共締めしますが、ラグが小さすぎて配線できないため、元パーツは使わず、日光モデルのボルスターについていた物を改造して使用。

コネクタは並列2極ですが、短絡して分岐用として使用。

ブラシを組み付けて集電状態を確認。そのままモーターに配線すると、よほど長い配線にしない限り
組立不能になるため、途中で分割できるようにこのようにしました。

DSC_1067.jpg

1極はモーター用、もう一方にはライトの配線をつなぎます。

DSC_1069.jpg

台車部分を台枠に取付けてモーターを固定した状態。コネクタはこんな感じに左右に出します。

DSC_1072.jpg

モーターに配線を取付け、コネクタを接続して通電試験を行い、無事終了。

DSC_1073.jpg

チップLEDをハンダ付けしてライトケースに挿入し、抵抗を介して配線を接続してからボディ取付け。

ライトの配線が仮設なのでキャブ内はすごいことになっていますが、塗装後にやり直しする予定。

DSC_1075.jpg

ちょっと黄色味が強いですが、これでも電球色です。

反対側の状態。

DSC_1076.jpg

光量は十分で、実際に前を照らしながら走行します。

DSC_1077.jpg

但し、逆起電力により逆サイドのライトがちらちらしますので、逆流阻止対策を講じないと改善しません。

DSC_1071.jpg

ひとまずこれで基本工作は完了とします。

寒くなる前に塗装したい~!

車体色ですが、実車は「やまばと号」なので赤色系ですが、一般的な緑系にしょうかな。
スポンサーサイト

▶ Comment

カッコいいですな~~~(萌)
エンジンを積むとまたいいですね!
山間でもこの明るさなら問題ないですね◎
2012.11.10 19:14 | URL | TV中毒 #JyN/eAqk [edit]
>TV中毒さん

どうも~。

我ながら悦に入っています(笑)

この、酒井の7トンという機関車ですが、同じ酒井製の5トン機に比べてエンジンルームの高さがあるためバランスよく感じますね。

今のところ牽かせる物が無いのですが、林鉄の酒井だけに運材車が欲しいところです。

問題は長期品切れ中ということですが…(泣)
2012.11.10 20:12 | URL | Kata改 #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://katakai695.blog133.fc2.com/tb.php/605-375dbb3e