スポンサーサイト

Posted by Kata改 on --.-- スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川の仕上げと線路の固定

Posted by Kata改 on 23.2013 Nゲージ  コメント:8  トラックバック:0 
まとまった作業時間がとれましたのでサクサク進めます。

クリアレジンですが、かなり寒い日が続いたのでエアコンをかけっぱなしにしたおかげて2日で完全に固まりました。



マスキングをはがした状態。ここから水を仕上げていきますが、まずは緑系に着色します。

DSC_1601.jpg

モーリンから発売されているグロスカラーメディウムのブルーグリーンを使用。

乾燥する前はエメラルドグリーンがかった白いどろどろした液体なので、初めて使う際は仕上がりが予想できないためとても不安を感じますが、乾くととても良い感じになります。私的には川の水表現にはベストです。

DSC_1603.jpg

続いてジェルメディウムを使って波やうねりを…って写真を撮り忘れたため先の写真と変わりませんね…。

DSC_1605.jpg

狭い部分は流れが速くなるため盛大に盛ります。

DSC_1606.jpg

最後にブレンテッドファイバーを塗布。

このまま乾燥してくれるとしぶきがあってよいのですが…ここまでは白く残りません…。

DSC_1607.jpg

一連の塗布・乾燥を繰り返した状態。遠めなので少々わかりにくいですが…うっすらと緑がかった表現になっています。

DSC_1608.jpg

ある程度の水表現ができたので、そろそろ線路を固定していきます。

トラス橋はレジンの乾燥を待っている間に、橋の下にモールドされたメーカーや品番の刻印を削り取り、暗緑色(三菱系)を塗ってウエザリングまでしておき、同時に橋台の支承も塗装しました。

レールは枕木を含めて全体にプライマーを塗り、錆色として艦底色(ハルレッド)を塗装しておきました。

トンネルの内壁を取り外して配線を通した後、ボンド・釘・ネジを総動員して固定。

トンネル上面を開口できるようにしてあるのは全てこの時のためにあります。

DSC_1609.jpg

続いてバラストを撒いてマットメディウム水溶液を浸透中。

今回は浸透力を増すためいつもより洗剤は多めに。

DSC_1612.jpg

一連の作業が終わった状態。トンネル内壁を戻す前にバラストに着色しますが、それはまた次の機会に。

おまけ。ちょっと遊んでみた。

DSC_1611.jpg

木々の緑がないので少々さみしいですが、水表現としてはそれなりになったとは思いますが、いかがでしょうか。

スポンサーサイト

▶ Comment

釣り糸垂らしてもいいかなあ・・・(^^)v

どうもこんな渓谷を見ると反応してしまいます。
昔釣りに行っていた場所に岩の具合とか似ているんですよね。
尺超えのアマゴ釣れたりして。

2013.02.23 08:45 | URL | リークン #JyN/eAqk [edit]
渓流が凄すぎ~(゜o゜;
2013.02.23 09:01 | URL | 鉄道模型大好き人(TMD) #JyN/eAqk [edit]
いいですな~~~◎
水の音が聞こえてきそうです(萌)
ナロー機ホント似合いますね!
2013.02.23 19:14 | URL | TV中毒 #JyN/eAqk [edit]
いい感じ!
ワタシに同じ作業させたら、かなりいい加減な出来のものになりそうな気がする。
・・・・はたしてワタシがレジンになんて手を出していいのか、心配になってきたw
2013.02.23 22:46 | URL | ふらっと #JyN/eAqk [edit]
>リークンさん

どうも~。

渓流ってあまり作例を見かけないのでやってみました。

鉄橋が水面からかなり低いので、釣りをしたら怒られそうですね(汗)

こういう場所にDD51がやってきたら…発狂しちゃいそうですね~。
2013.02.23 23:46 | URL | Kata改 #- [edit]
>鉄道模型大好き人さん

どうも~。

渓流を作るとどうなるか試してみました。

段差のある岩場を流れ落ちるような渓流がずっとやりたかったんですよ~。
2013.02.23 23:48 | URL | Kata改 #- [edit]
>TV中毒さん

どうも~。

Nゲージのモジュールなんですけどね~(笑)

渓流=林鉄?なイメージで遊んでみましたが、加藤より酒井の方が似合いそうです。
2013.02.23 23:50 | URL | Kata改 #- [edit]
>ふらっとさん

どうも~。

クリアレジンは波風が立っていない水鏡のような場所を作るのに向いているので、上から波を描くのとは別物と考えた方が良いかと思いますよ~。

波を試すのであれば、最初は透明なプラ板に描いてみてください(笑)
2013.02.23 23:53 | URL | Kata改 #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://katakai695.blog133.fc2.com/tb.php/666-496f1264
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。