骨組みの塗装と天板のダメージ表現

Posted by Kata改 on 10.2013 Nゲージ  コメント:2  トラックバック:0 
樹木キットを買ってきましたが相変わらず植える気にならない…。

ということでシェッドの続きをやってしまいます。

DSC_1695.jpg

天板にダメージ加工をして一部が崩れた表現にしました。

エナメルシンナーがどれだけブラを侵すかの実験でもあります。

軽く刃物で傷を入れ、シンナーを直に塗って曲げ応力を与え、再びシンナー塗布から繰り返すこと約5分。

傷を入れたのと全然違う部分に亀裂が…。

後はもぎ取って断面に鉄筋表現でリン青銅線を植え込んでとりあえず終了。

DSC_1696.jpg

骨組みの方はプライマーを塗ったのち、ハルレッドをエアブラシ塗装。色が回らない部分は筆でタッチアップ。

この手の形状は色が塗りにくいですね…。

DSC_1697.jpg

モジュールの穴に突き刺し、ウエザリングマスターを軽くまぶしてひとまず完成。

DSC_1698.jpg

錆びた鉄骨に萌える…。

DSC_1701.jpg

萌える…。


DSC_1702.jpg

赤茶けた色合いがイイ!(笑)

DSC_1700.jpg

線路との位置関係はこんな具合。


DSC_1699.jpg


天板を被せてみる…。

なんだか骨組みだけの方が恰好よいかも…。

とりあえず塗装してみるか…。
スポンサーサイト

▶ Comment

メチャクチャいいですね!
まさにミステリアスな雰囲気で◎
萌えました(萌)
2013.03.10 19:12 | URL | TV中毒 #JyN/eAqk [edit]
>TV中毒さん

どうも~。

ここからさらに味付けしていきますのでご期待ください(笑)
2013.03.10 20:14 | URL | Kata改 #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://katakai695.blog133.fc2.com/tb.php/677-b43933e9