ガードレール(仮設タイプ)

Posted by Kata改 on 05.2013 Nゲージ  コメント:2  トラックバック:0 
年度末及び年度初にて忙しい日が続いていますが、今日は少しだけ工作。

DSC_1787.jpg

道路管理者の責務(笑)として橋の両端の隙間から人や車が落っこちてしまわないようにガードレールを設置しました。

また、トンネル入り口の少し広くなっている部分にも駐停車されないようにバリケードとして設置しました。

DSC_1788.jpg

設置個所が半分側溝の蓋の上なので、側溝の掃除の際に業者が困らないよう、支柱がコンクリートブロックから生えている仮設のタイプにしてみました。

DSC_1786.jpg

このタイプは比較的良く見かけますね。

ちょっと前からガードレールの無い部分や隙間が気になっていたのですが、ようやくスッキリしました(笑)

スポンサーサイト

▶ Comment

あ~こういうのあるある。仮設って言いながらずーっとこのままやったりするヤツ。特にこういう山道にあるやつなんてずーっと仮設(^^
黄色い樽みたいなバリケードとか、ほったらかしの「道路を直しています」って書いた看板なんかはどお??(^^
2013.04.05 01:05 | URL | UCC #JyN/eAqk [edit]
>UCCさん

どうも~。

よく見るでしょ ?こういうタイプのガードレール(笑)

一見どかせそうでも重たくて簡単にはどかせないのですが、どかそうと思えばできますのであくまで仮設ですよと言わんばかりですね(笑)

未完成の道路の終端部とか廃道の封鎖部分とか、進入禁止のバリケードとしても使われるのでそういう風景を作ってみるのも面白いかもしれませんね。

看板の追加とか標識の手直をしたいと思うのですが、どこまでやろうか考えています。

あまりやりすぎるとごちゃごちゃするので…。
2013.04.05 13:25 | URL | Kata改 #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://katakai695.blog133.fc2.com/tb.php/689-c515ec6f