路面と橋の排水性向上(笑)

Posted by Kata改 on 05.2013 Nゲージ  コメント:2  トラックバック:0 
時間ができたので工作をしておきます。

DSC_1789.jpg

橋の両端に雨水排水設備を設置していきます。

排水樋はランナーで作り、両端をパイプ状に掘り込んで橋台の逃げの曲げを作って取付け。

排水樋の上部に排水溝のグレーチングを設置。

DSC_1790.jpg

モジュールに設置してみてもせっかく作った排水樋は見えにくく、排水口もパイプ状にしても全く見えませんので完全なる自己満足の世界。

特に砂防ダム側の奥の排水樋は付いていてもいなくても全くわかりませんので付けるだけ無駄なのですがね…。

DSC_1791.jpg

路肩の側溝部分は全てコンクリートのフタになっていますので、側溝には雨水が流れません。

したがって排水性が悪くスリップしやすい路面状況になってしまい、危険な道路として管理責任を問われてしまいますので、ところどころグレーチングにしてやります。

DSC_1792.jpg

接着した後、格子の中を黒く塗ったのですが…周囲と全く調和してくれませんでしたので、ウエザリングマスターを擦り込んだ後、ガンダムマーカーで薄く色を付ける程度にして馴染むように調整しています。

DSC_1793.jpg

橋を固定できるところまで進みました。

橋の継目ですが、雑誌に掲載された激団サンポール記事にて、芋さん設計の犬山橋モジュールの解説に継目のフィンガージョイント部分には食品用ラップの鋸刃を使用…とあり、完全に後出しの二番煎じになってしまった…。

まあ…犬山橋ができたころはまだ面識もなかったわけで…考えることは同じだった、と言う事で(笑)
スポンサーサイト

▶ Comment

グレーチングは何で作ったの??

>後出しの二番煎じ
実は犬山橋の前作打越橋にも付けていたので、二番じゃなくて三番煎じです♪
道路って面積の割に変化が乏しいからジョイントあると締まりますよね。
2013.04.06 00:16 | URL | #JyN/eAqk [edit]
>芋さん

どうも~。

3番煎じでしたか(笑)

橋だけ別に作るので、路面の継目が目立つため、隠すのではなく魅せるようにしたかったのでした(笑)

グレーチング…市販のエッチングパーツで逃げています(汗)

洋白線とか真鍮線格子状に組んでもできそうですが…厚みが出てしまうのでやめました。

2013.04.06 00:25 | URL | Kata改 #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://katakai695.blog133.fc2.com/tb.php/690-8dafe366