新モジュール(仮称)、その拾弐

Posted by Kata改 on 01.2015 Nゲージ  コメント:0  トラックバック:0 
本への掲載に現を抜かすのはこれぐらいにして、工作jを再開していきます。

KIMG2477.jpg

背景板を分割し、ネジを外せは地形を上下に分割できるように加工しました。

分割可能な構造にした理由はちゃんとありますが、後々の工程で明かすこととし、今は伏せておきます。

下半分です。分割した背景板の一部を側面に接着し、パテで地形と馴染ませました。

KIMG2480.jpg

上半分については、背景板を接着の上、ネジでしっかりと組み立てました。

KIMG2481.jpg

上半分の組立中、板が反っていて、板とスタイロの間に隙間があいてしまうことがわかったため、スタイロの一部をカットし、柱を追加しました。

KIMG2523.jpg

柱は斜めにカットして地形の一部にしています。

ネジを全て締め付け、全体を再組立てした後、石粉粘土を盛り付けました。

KIMG2524.jpg

石粉粘土を使うのは初めてなので使い勝手がわかりませんが、水でよく練って泥状にして擦りつけました。

乾燥したら表面を削って均したいと思いますが、ひび割れとか剥離とかしないか不安です。

問題が無いようであれば、エポキシパテから石粉粘土へ移行したいと思います。

スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://katakai695.blog133.fc2.com/tb.php/944-48a5498d